車の買い方

車を欲しいと思ったら

主な車の入手方法としては、新車購入と中古車購入があります。(その他、個人売買やオークションで入手する事も可能です)
新車にするか、中古車にするか、どのメーカーの車にするかなど、楽しくも悩ましい車の購入ですが、大切な事は使用目的や、自分のライフスタイルに合った車を選ぶということです。

中古車であれば、多少は安く購入することもできますが、購入後も維持費が発生するなど、車は決して安い買い物ではないので、以下のようなポイントに留意して、時分に最適な車を探してみましょう。
「自分にはどのような車が合っているのか分からない」、「良い中古車の見分け方を知りたい」など、車の購入についての疑問や質問は、樋川車輌のスタッフまで遠慮なくご連絡ください。

新車購入

新車を購入されるという方は、それなりの購入資金を想定、用意されているかと思われます。
そこで大切になるのが、「何のために車を使うのか」ということです。
新車購入の場合、対象メーカーや車種、オプション装備品に到るまで、予算の許す範囲内であれば、お客様の好みを、最大限尊重することができます。
そうなると、ついつい「あれも、これも」と、余計なオプション装備品を取り付けたくなるのが人情というものですが、実は思っていたほど使わないという装備品も少なくありません。
後悔する前に、今一度「何のために車を使うのか」を、思い返してみてください。
時にはグレードをワンランク落として、自分に本当に必要な装備品のみをオプションで装着してみるのも面白いかも?
そういった自由な買い物を楽しむことができるのが、新車購入最大のメリットです。

中古車購入

中古車購入が新車購入と大きく異なる点の一つは、「既に使用された車である」ということです。
新車購入の場合は、乗り始めから自分の色に染めることができますが、中古車購入の場合、前所有者の色が多少なりとも車に反映されていると考える必要があります。
また中古車購入の場合、メーカーオプションやディーラーオプションの付属品を、後付けする事は難しいことが多いので、自分にとって必要な装備品が既に装着されているかどうかも、比較検討する上で大切な要素の一つとなります
なお、中古車販売の際には、以下の項目は法律によって明示することが義務付けられています。
車両本体の状態をうかがい知るためにも、必ず目を通しておきましょう。

中古車を見極めるポイント

走行距離数

走行距離計の示すキロ数、すなわち、その車が作られてどれだけ走ったかを表しています。

自動車検査証の有効期限

車検証の有効期限の年月日です。

初度登録年月(軽自動車の場合初年度登録年)

新車時に自動車を陸運支局に登録申請をし、その登録を受理された年月です。
軽自動車は新車時に初めて検査された年を記載しています。人間で例えるならば、戸籍の登録のようなものです。

保証の有無

その車を製造したメーカー、販売したディーラーの保証です。
保証つきの場合、保証内容、 保証期間又は保証走行距離数が記載されています。

前使用者の点検整備記録簿の有無

中古車販売店でその車が展示されてから、2年以内に定期点検整備が行われた場合、その記録簿が展示車両に備え付けられているか否かを示しています。ある場合は点検内容が記載されます。
※定期点検整備…一年もしくは二年のスパンで行われる法律で定められた、車検とは別の検査のことです。

定期点検整備実施状況

定期点検整備を実施して販売する場合、「定期点検整備あり」と表記されます。販売時までに実施する場合は「済」、車両引渡し時までの間に実施する場合は「納車時」と記載されます。また、納車時と記載されているときは、販売価格に整備費用が含まれているかどうか、別途整備費用が必要な場合は整備費用の額が記載されています。
定期点検整備を実施しない場合、「定期点検整備なし」と記載されます。

修復歴の有無

車体の骨格に当たる部位に、修正及び交換歴がある場合「有」と記載され、別途書面に修復箇所が記載されます。

使用歴

自家用、営業用、レンタカ-、その他の使用歴が記載されます。

自動車購入の流れ

中古車委託販売プレアデス 青森県初・最短45分 車検の速太郎
お見積りも無料です。お気軽にお問い合わせくださいお問い合わせバナーが入ります。