TOIKAWA MOTORS
車検の速太郎 弘前店・スバルショップ弘前青山店株式会社 樋川自動車

recruit

可能性を伸ばし、
ハイブリッドな人材へ。

樋川自動車は「ココロもクルマも元気になれるお店」を目標に、一緒に働く仲間を募集しています。あなたの可能性を伸ばし、様々なフィールドで活躍するハイブリッドな人材を目指して仕事をしませんか。皆さんのご応募をお待ちしています。

mission樋川自動車の使命

“お客様が事故・故障など、車のことで困った時に
迅速に手助けをし、お客様を安心させ喜んでいただく”

樋川自動車のスタッフが目指すのは、「車のドクター」。

お客様にとって車のことなら何でも相談・解決できるパートナーであるよう、日々励んでまいります。

message 私たちの想い

会社はお金がもらえる学校

“社員の人間的成長(考え方&行動)を第一義とし、皆、必ず幸せになる。”

代表取締役 樋川 新一

社員の皆さんとは、もしかしたら家族よりも長い時間を共に過ごすことになります。そんな奇跡的なご縁で出会ったからには、この会社や仲間、私(経営者)と出会ったことで、人生を少しでも好転させてあげたい。一人の人間として、人格を磨き、魅力溢れる人になってほしい。これが私の一番の目標です。

仕事の知識や技術を習得することはもちろんですが、社会人として一番、難しいことは、人間関係。この解決には、日々、“心”と“言葉”の勉強をし続けなければいけません。当社では毎朝の清掃と朝礼がその場所です。今日よりも明日、明後日と人間関係がよりスムーズに楽しくなるよう、一緒に成長していきましょう。

仕事と家庭・遊びの両立

たった一度の人生だから、仕事だけではなく、家庭や趣味・ワクワクできることを全力で楽しんでほしい。
その経験がきっと仕事へのアイデアやヒントを生み出す源泉となるはず。



お店のファンづくりは、愛される人間づくり

樋川自動車のスタッフは営業も、メカニックも、フロントも、保険も、ジョブローテーションを採用し複数の職種を経験してもらいます。車の知識0だったスタッフたちが、お客様の満足のためにできることはないかと日々、奮闘と改善を繰り返し、今ではカーライフパートナーとしてお店の将来を担っています。

個人としての能力を高めながら、チームとして働き、最高のサービスを提供することでお客様にお店のファンになっていただく。求めるのは経験や技術ではなく、すべてはお客様を喜ばせるために働きたいという気持ち。明るく元気のある方のご応募をお待ちしております。

営業sales

会社の顔ともいえる、大切な役割を担う営業。お客様のニーズを的確に捉え、最適な車やサービスを提案します。求められるのは知識だけではなく、お客様とパートナー関係を築き、快適なカーライフをサポートしていきます。

「答えはお客さんが持っている」 スバルショップ青山 店長 / 佐藤 亨一

スバルショップ青山 店長 佐藤 亨一

お店には日々色々なお客様が来店され、色々なご要望があり、色々な車やサービスがあります。毎回違い、同じ仕事はありません。だから面白いし、やりがいがありますね。

実は、樋川自動車にはノルマがないんです。それでも目標に向かって良い業績を残し続けていられるのは、お客様の満足のために専念できる環境にもあると思います。

今の仕事をしていて思うのは、いつだって答えはお客様が持っているということ。自分が導くのではなく、一緒になって答えを探していく。購入いただいた後に喜んでもらえるのが一番嬉しいですね。

車って大げさに言えば、その人の人生に一生寄り添うものじゃないですか。お客様が真剣だからこそ、その後のサポートも任せてもらえるよう信頼関係を築きたいです。

メカニックmechanic

事故修理や車検、日々のメンテナンスなど、お客様のカーライフに必要不可欠な存在であるメカニック。車に関する知識や技術だけではなく、車とお客様の声を聞きながら異常をいち早く察知し、安全で快適なカーライフを支えていきます。

「小さな町工場でも、
ここまでできるんだよと証明したい」 整備部 部長(検査員・損害保険資格) / 相馬 孝寛

樋川自動車 整備部 部長(検査員・損害保険資格)

メカニックというと昔ながらの無口で頑固な人が多いイメージもあると思いますが、我々は車の整備だけでなく、お客様と会話してお互いの信頼関係を築いていきます。

車が抱えるトラブルは、走る路面や気候、車種、ドライバーなどそのときの状況やコンディションによって全く異なります。だからこそお客様と一緒に試乗したり、何気ない会話の中でヒントを見つけることもメカニックの役割です。

作業は大変なこともありますが、難しければ難しいトラブルほど直してあげたい。修理後の車をお渡ししてお客様に感謝されたとき、やってよかったと報われる瞬間かな。この小さな町工場でも、ここまでできるんだよと証明したいですね。

実は私自身、最初は会話が苦手だったんですよ。でも慣れていくと逆に楽しくなって、お客様から声をかけられるようになったり、気軽に頼ってもらえることが今は嬉しいです。

フロントfront

お客様が最初に出会い、各担当まで手続きを行い、その背中を見送るのがフロント。迅速に丁寧な対応をするだけでなく、お客様の満足のために何ができるかを自ら考え、行動していきます。

「受付はお客様から一番近いところ」 受付業務 / 蒔苗 諭子

樋川自動車 受付業務

地元の高校を卒業後、東京での勤務を1年ほど経験をした後、弘前に戻って調剤薬局の受付で13年間働いていました。前職とはまったく違う業種を探していたときに樋川自動車に出会い、働いてみることに。はじめは家から近いしいいかな、という軽い気持ちでしたね(笑)

受付は前職でもやっていましたが、車の知識もお客様の顔もわからないので1からのスタート。電話や窓口対応はもちろん、飲み物のおかわりを出したり、お客様と雑談をしたり、何かご要望があれば営業や工場に伝えます。専門的なことはその都度先輩たちに教えてもらいながら、まずはお客様のために何ができるかを考えるようにしています。

受付って、お客様から一番近いところに座っているじゃないですか。気持ちよく過ごして、気持ちよく帰っていただきたいので、お客様から話しかけてもらえたときは嬉しいですね。

社内は和気あいあいとしていながらも、メリハリのあるイメージ。豊富な知識と経験を持った優しい先輩たちに教えてもらえるので、若い人も働きやすい職場だと思います。自分もいつか、そう思ってもらえるような存在になりたいですね。

保険insurance

車とお客様の命を守る、大事な自動車保険。サービスを丁寧に、わかりやすく伝えるだけではなく、最後は「この人なら信頼して大丈夫」と言ってもらえる信頼関係を築くことが大切です。

「大好きな野球をやりながら、
お客様と向き合っていく」 保険 / 山口 真太朗

樋川自動車 保険業務

地元の社会人野球チーム(弘前アレッズ)に所属しながら働ける環境を探していて、営業職ができる樋川自動車を選びました。平日の夜は仕事後に練習に行き、休みの日は試合で汗を流す充実した日々を過ごしています。

保険という仕事は正直、押し売りのイメージが少しありました。でも勉強していくうちに多くのメリットがあり、何かあったときにお客様を助けられる仕事と気づいたとき、どういうリスクがあるのか、きちんと納得して入ってもらう必要があると思ったんです。

仕事をしているとお客様から「若いけど大丈夫?」と聞かれることもあります。そんな時は「そうですよね。今みたいに、心配なことは何でも相談してください」と安心していただけるまでお客様と向き合います。最終的に「あなたに頼む」と言われたときが一番の喜びですね。

今ではお客様に野球のことで応援していただけるようにもなり、とても励みになっています。大好きな野球をしながら仕事ができる環境に感謝し、いつかは車も保険も、そしてその人の人生全てをサポートできるトータルライフアドバイザーになりたいです。

樋川自動車 社会人野球チーム(弘前アレッズ)
はるか夢球場 車検の速太郎・樋川自動車 バナー

はるか夢球場の広告幕

樋川自動車では、弘前アレッズへのサポートをはじめ、野球やスポーツを通じた地域貢献に取り組んでいます。

樋川自動車チームの一員として
私たちと活躍しませんか?

0172-38-1411 営業時間 / 9:30~18:00
ENTRY